病院

入院治療に関して

血糖値の基準値を超えてしまう状態が続くと最悪の場合入院になります。糖尿病で入院になると期間はどのくらいなのか、費用相場はどの程度かを知っておくようにしてください。ただ、生活習慣を改善することも非常に大切です。

ハート

糖尿病の疑いがあるなら

血糖値を測定したときに、基準値よりも高ければ糖尿病の疑いあり、低ければ低血糖の疑いがあります。どちらとも不快な症状を体に及ぼしますので、ドクターのもとに訪れて、きちんとした方法で血糖値を測ってもらいましょう。

相談

食生活の改善で健康に

糖尿病の診断には血糖値の基準値が越えているかいないかが、一つの判断材料になります。基準値より下回る為には普段の食生活と運動習慣が重要でしょう。自分でできる範囲で普段の生活を改善することからスタートさせましょう。

数値を意識することが大切

カウンセリング

放っておかないことが重要

血糖値というのは、血液の中のブドウ糖の数値のことをさします。人間の体にとって重要なものですが、基準値を超えてしまうと糖尿病になるリスクがあります。そのため、働き盛りの年代は特に血糖値検査をして、基準値になっているかどうかを調べてください。血糖値検査は少し特徴的なので、理解しておくと便利です。まず、血糖値検査の前日の夜から飲食を控えて、翌日の早朝に採血し、その後食事をして再度採血をします。これは、空腹状態の血糖と食後の血糖それぞれ調べてどちらも基準値かを確認します。このどちらかが基準値以上になる場合、数値によって再検査を行うかそのまま糖尿病と診断されるか分かれます。逆に数値が低すぎても膵臓の病気が疑われるので、入院や詳しい検査が必要になる場合もあります。多くの糖尿病患者は、遺伝的素因も多く、生活習慣は非常に大きく関係しています。体質の問題もありますが、糖尿病予備軍になった段階で、まずは食生活の乱れや運動不足は改善するようにしてください。特に女性の場合は、年齢を重ねるにつれてエストロゲンが減少してしまいます。エストロゲンが減少することによって、肌のたるみやしわなどが目立つようになってしまうのです。そうならないためにも、エストロゲンと似たような働きをしてくれるエクオールを摂取するとよいでしょう。万が一、食生活や運動不足などの改善を行なっても数値が思わしくない場合は医師の指導のもと入院や投薬治療を行います。糖尿病予備軍の段階ではあまり自覚症状はありません。しかし、実際に糖尿病になり自覚症状が出てからでは遅い場合も多いです。すでに合併症を発症している場合もあり、そうなると治療期間は長引いたり、即入院治療が必要になったりする場合もあります。自分の体は自分しか守ることができないので、十分に注意をしてください。

Copyright© 2018 血糖値の基準値を維持しつづけよう【遺伝的素因も多い】 All Rights Reserved.