食生活の改善で健康に

相談

無理しない程度に食事制限

成人病や糖尿病の患者は年々増え続けています。普段の生活の中で食事に気を付けたり、運動を頑張ったりすることである程度病気の進行を防ぐ事はできます。具体的には血糖値の値が病気になっているバロメーターになります。血液検査で簡単にできるので少しでも体調がおかしいと感じたら病院に受診へ行くと良いです。血糖値を下げる物質が健康な人のように分泌がうまくできない症状が糖尿病です。特に食後は炭水化物や糖質を摂取する為、血糖値はあがります。糖尿病の患者さんはこの血糖値がうまく下がらず、血液がドロドロになり血管が詰まるなどの重篤な症状につながります。血糖値の基準値は食後の値と空腹時の値で決定されます。例えば、空腹時の血糖値が110以下であれば正常となりますし、食後2時間後の血糖値が140以上に上がると異常となります。基準値前後の人も境界型などのタイプで糖尿病の疑いがあると診断されます。血糖値の基準値を下げる為には日々の食生活が大切です。特に炭水化物の摂取を抑える事が重要になります。糖質のとりすぎにも注意が必要です。更に食生活だけでなく、普段の運動もしっかりと行う事で血糖値の基準値を下げる事ができます。糖尿病は進行する前に自分で食い止める方法がいくつかあるので、まずは生活改善に努めましょう。また極端に食事量を減らしたり、カロリーを減らすと体調不良に陥ったりする事があるので、基準値が少し下がる程度を目標に無理のない範囲で食事制限をしてみると良いでしょう。

Copyright© 2018 血糖値の基準値を維持しつづけよう【遺伝的素因も多い】 All Rights Reserved.